交通事故の後でこんな症状やお悩みはありませんか?

 むち打ち症・骨折・捻挫・打撲・腰痛・手足の障害・めまい・痛み・しびれ・だるさ・不快感

肩こりや視力、聴力、味覚が低下している。

 

上記の交通事故での痛みや不調は、後で出てくることが多いです。

 

後で悩まないために、今痛みがなくてもしっかりとした治療をお勧めします。

交通事故でのケースについて

交通事故でのケースについて

交通事故によるケガはむち打ち・骨折・頭部外傷などがありますが、もっとも代表的な傷害が「むち打ち症」です。

正式な診断名は、「外傷性頚部症候群」または「頚部捻挫」となります。 症状には個人差があり、事故状況によっても違ってきますが、ひどい場合は事故直後に意識障害を起こしたり、手足が麻痺したり失禁したりすることがあります。

治療は、事故後からどれくらい時間が経過しているか、症状はどのように出ているかなどによって異なります。

交通事故にあったときの対処について


当院では、患者様の症状について詳しくお伺いします。

とくに、衝突の場合であればどのような角度でどの程度の衝撃が加わったのかを詳しくお伺いします。

ひとくちに、むち打ち症や打撲等といっても力学的にはそれぞれ全く異なるからです。

 

 

体にどのように力が加わったのかを伺いながら、症状に合わせて最も適した治療を行っていきます。

交通事故治療の流れ

受傷後警察に被害届を届けたのち、病院にて医師の診断を受けます。

その後当院にて、事故後の治療を受けたい旨をお伝えください。

保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

交通事故によるケガの治療の流れ

問診・・・交通事故にあったときの状況やケガの状況などを聞かせていただきます。

検査・触診・・実際のケガ具合を触って確かめます。

動きがどの程度できるかや腫れや痛みの様子を確認いたします。

治療・・・患者さんに合わせて治療していきます。

痛みの根本の原因を探して治療をしていきます。

治療の終了・・・治療期間は患者さんの状態や状況により異なります。

痛みがなくなるまでしっかり治療を行います。

 

むち打ち症について

交通事故でケガをしてしまい頚部を痛めむち打ちになる場合があります。

首や背中、腰などの部位を痛めた場合はなるべく早く診てもらうことをオススメします。 特にむち打ちになった場合は、身体を動かすことが難しくなる場合があります。 むち打ちになり手足のしびれやめまいなどの症状も発生するときがあります。

転院について

交通事故によってケガをしたときに整形外科やほかの整骨院・接骨院様にて治療をしていても当院では転院も可能となっております。

保険による治療補償では、病院などとの併用することが可能です。

費用について、治療期間について

交通事故によるケガの場合の治療の費用は掛かりません。治療期間は症状によって異なります。